結婚指輪はランキングで探そう|光輝くリングをGET

ガッツポーズをする女性

妊婦の結婚式の衣装

お腹を触るウーマン

長く使えるドレス

妊娠中に結婚式に招待される可能性は高く、特にお腹が大きい場合はマタニティドレスで参加する方が多いです。マタニティドレスは大きなお腹でも着ることができるデザインになっています。また産後も利用できるように、授乳口がついているデザインがおすすめです。産後はすぐに体型が戻らず、今まで着ていたドレスを着ることが難しい場合もあります。そういった場合でも利用でき、子連れでも参加することができます。最近では、普段着としても利用できるカジュアルなマタニティドレスもあり、使える期間が短い分少しでも着る機会が増やせる工夫もあります。一番重要なことは、マタニティドレスを着た状態で着席してもお腹が苦しくないかという点で、早めに購入する場合はお腹まわりに余裕があるタイプがおすすめです。

デザインが豊富になる

昔は妊娠している間は無理をしないようにと、結婚式への出席を諦めるケースが多かったです。しかし最近は結婚式場からのさまざまな配慮もあるため、前向きに検討する女性が増えています。そのため、マタニティドレスの種類も豊富になると考えられ、妊娠していない時期からマタニティの時期まで着られるドレスも注目されています。また授乳口がついているものが多いですが、一見授乳口があるとは思えないデザインが増えており、授乳期間以外も着用できるデザインも増えています。ドレスと言えばワンピースが主流でしたが、上下がわかれたパンツスタイルのマタニティドレスも増えており、マタニティドレスの固定概念が変化してきていることが分かります。